忍者ブログ

恋煩い日記

2012年は毎日何かを書こう、という目標のもといろいろな創作をするブログになりました。

[694]  [693]  [692]  [691]  [690]  [689]  [688]  [687]  [686]  [685]  [684

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

志波くんの人気はすごい

21日からこっち、たくさんの方に訪問頂きましてありがとうございます。
志波くんの誕生日記念……といいつつ結局赤ずきん小春の更新でした、とかとんだ詐欺だよなあ。
こんなんでわたしは志波くんが好きだ! とか言ってもいいのだろうか。自信を失って来るよ。

いや! でも訪問頂いた方、そして拍手を押してくださった方、見て頂いた方、
みんなにありがとうございます!!


そして話題は唐突に変わりまして。

たっ、たいへんです!!
なんだかやけに大長編を書き始めそうになっている自分がいます!!

普段あまり長い話は書かないのですが、それは自分が飽きっぽいのをよく自覚しているからです。
本当はもっといろいろ描写したり、このときに友達とこんなふうに相談して、この時はこんな心境で、そのとき相手はこんなことを考えてて、といろいろ妄想してしまうんですが書くときには全部全部端折ってしまいます。
要するに途中まで書いて、結末まで書かないで満足してしまいそうなのでそれを避けるためと、それほど描写を長くすることができないので物理的に無理なのと、理由は二つです。

近頃よく書くのは、文字数あんまり調べませんが2000~4000文字?くらいなのかなぁ。
「長く書いたぞ!」と思っても8000字くらいだったり、ポメラの1ファイルに収まる文字数がほとんどのようです。

こういった書き方に慣れてきた、というのもありますがいざ長いのを書いてみよう!
と思っても細かいところを一言で終わらせようとする癖がついてるみたい……(笑)

ま、長編はこれからも書くことはなさそうなのでそれはそれでいいのですが。



なにを言いたいのかというと、続きは赤城大地さんの話なのです。

以前書いた大学生な赤城大地くんの自分勝手な妄想。
昨日aikaさんとチャットして、その後の様子が分かりましたので文字にしてみようかと。
aikaさんその節はありがとうございましたv

以下、長くなりそうなのでたたみます。






赤城大地くんです。

このときのつづき。以下簡単なあらすじ(笑)
みんなの人気者だけど、片思いをしている相手の女の子には思いを告げることすらできないヘタレ大地くん。片思いの彼女、”お琴さん”には「大地くんはお友達」認定されてしまっている。
彼女との仲を進展させたいけど自分から行動することもできない大地ですが、ある時思わず彼女に「君のことを友達だと思ったことなんかない」と言ってしまいます。


(前回の話で大地の一人称「僕」って書いてましたが「俺」の間違いでした。琴子ちゃんと婚約者な大地に引きずられたよ!)


彼女の名前は「真琴」ちゃんとつけてみました。






「もうやだ……、泣きたい。頭痛い。授業でたくない」

真琴は机に突っ伏してぐずぐずとしゃくりあげていた。
「まこー。どうしたの?」
「なにかあった?」
友人たちが何かと声をかけてくるけれど、返事もしない、いや、したくない。真琴は顔も上げない。
泣きたいというかもう既に泣いていた。真琴は泣くのはあまり好きではなかったけれど(好きな人なんて、いると思う?)こういうときくらいは泣いてもいいと思う。

(信じらんない。大地くんなんて全然分からないよ)

やがて教授が入口から入ってきて、教壇に立っていつものように授業を始めたけれど、真琴はやっぱり顔を上げることができなかった。
どうしても出なくてはならない授業だったから、教室に来たは来たけれど、どうせこんな状態なのだったら同じだった。 何かと同じ授業が多い大地と、今は同じものを取っていないことだけはかろうじて幸運といえるかもしれない。

赤城大地は中等部からの友人だった。真琴の友人の中では飛びぬけて頭が良く、それと同じくらいに顔も良かった。
女子に対しても男子に対しても同じようにマイルドな人当たりで(それは悪く言えば八方美人ともとれるほどだったけれど)常にクラスの中の人気者だった。
なにをきっかけに仲良くなったのかはもう覚えていない。
けれども真琴にとって大地は何でも気軽に話したり相談したりできる気の許せる友人だった。困ったときに頼ればなんだかんだといって助けてくれたし、みんなで遊びに行こう、といえば彼も必ず一緒にいた。
高校を卒業しても大地と同じ大学に進めると知ったときは素直に嬉しかったし、秀才といわれる大地と同じ学校に進学できるくらいには勉強をがんばっていてよかったと、それまでの苦労が報われた気さえした。
卒業してそれじゃバイバイ、と別れるのはあまりにも惜しいと思ったし、そんな簡単にサヨナラできるような間柄ではないと思っていた。

友達だと思っていた。なんだって話せる親友だと。
けれど、どうやらそう思っていたのは真琴ひとりだけだったらしい。

―― 僕は君と同じ気持ちで一緒に遊びに行ったことなんかないっていうことだよ
―― 君のことを、友達だと思ってたことなんかない
―― 僕は君のことを友達だとは思えないよ

大地の言葉が何度も何度もリフレインする。
このとき、大地はどんな顔をしていた? ショックで記憶からなくしてしまいたいくらいだけれど、悲しいことにそういうことだけはしっかりと覚えている。
大地は、いつもと変わらない顔をしていた。まるで「今日はいい天気だね」というのと同じような。

ひっく。
大地の顔を思い出したらまた泣けてきた。
「まこー。元気出しなよー」
真琴が大きく肩を震わせると、隣に座っていた女子学生は心配そうに彼女の背中に手を置いた。
いつも元気で、悩みなんかなさそうで、みんなの中心になって率先して遊びまわっている。
机に突っ伏したままの真琴にはイマドキの女子大生の典型のような普段の面影はなかった。

こういうときに、どこで泣いたらいいのか真琴は知らなかった。……大地の近く、そこ以外には。





**





結局のところ、「なにもなかったことにする」それ以外に方法が思いつかなかった。
「友達だとは思えない」という大地の発言についてはとにもかくにも釈然とはしなかったのだけれど、だけどそれを改めて大地に問いかけ、どういうことかと説明を求めることは真琴には出来ない。

大地くんは仲のいい友達。
困ったときにも楽しいときにも、いつもそばにいてくれる安心できる人。

その大地を自ら手放したくはなかった。
少なくともうやむやにしておけば大地は今までのポジションでいてくれる。今までの心地いい関係をなくさないでいられる。だから、それでいいんだ、きっと。
それくらいは長い付き合いだから分かるのだ。大地くんはイヤだとかこうしたくないとか、拒絶の言葉をあまり口にしない。
……だからこそ、あの時聞いた「トモダチなんかじゃない」は余計にショックだったのだけれど。



冬物のバーゲンがもうすぐ始まろうとしていた。真琴は「いつものイベントはじまるよ!いくよ!」そう言って放課後に大地をバーゲンショップが軒を連ねるショッピングモールに連れ出してきていた。
もう、何年も前からこうして季節の変わり目には大地と一緒に出かけている。
もちろん、女の子と一緒に買い物をするのは楽しいし、そうすることのほうが多い。
けれど、なんといっても大地と一緒に来ると荷物を全部持ってくれるからとても楽なのだった。

今日も、大地は真琴の買った洋服が入った洋服が入ったショップバッグをたくさんぶら下げて、真琴の隣を歩いていた。
時間はそろそろ夕方から夜にさしかかろうとしている。冬の日は落ちるのが早く、外の景色はすっかり暗くなっていた。
真琴は歩きながら、なんとなくいつものように謝罪の言葉を口にする。

「いつもつき合わせちゃって悪いとは思ってるよ?」
「別に。俺は買い物なんかしないのに散々引きずり回されることにはもう慣れてますよ」
「だから、夕飯おごるって言ってるじゃない」
「まぁ、いいですけどね。荷物持ちくらいはいつでもしますよ、お嬢さん」
「ありがと」

大地の言うとおり、一緒に歩いていても彼は通りに並ぶ店で売っている最新のファッションやアクセサリーには何の興味も示さないようだった。
それは高校のときからずっと同じなので、そういう人なのだとは思っていたけれど。

「……あっ、あれ、見て。大地くんに似合うと思う」
「どれ?」

ショウウインドウに並ぶマネキン人形を大地は興味深げに見る。「ふぅん。君も知ってるとは思うけど洋服のセンスなんてあるほうじゃないからな、俺は。よく分からないけど」そう言いながら振り返った顔はなんだか楽しそうに見えた。

「君が見立ててくれれば俺のセンスも少しはマシになるだろうね」
「そうだねー。大地くんって、いつもどこで服買ってるの?」
「え? その辺のスーパーとかだけど……」
「ぎゃーーーっ!! どうしてそういうことするの! ちゃんと服選びなさい!まず手始めにこのお店、入ろう!!」
「え、うわっ、ちょ……」

今まで真琴が買った服が入った紙袋をぶら下げている大地の腕をグイっと引っ張って、真琴は引きずるように店の中に入っていった。
店内は明るく、軽い音楽が流れていて、大地と同じような年かっこうの男の子たちが何人もいて、並んでいる服を眺めていた。
男の子の洋服を見るのって初めて。真琴は興味深げにきょろきょろと周りを見回してから、「こっち」とある一角に大地を連れて行った。

「ちょ……こういうところ、慣れないんだけど」
「誰だって最初は慣れてないんだよ。何度か経験すればどういう感じか分かってくるって」
「そういうもんかな……」
「あっ、ほらほら、これなんかいいんじゃない?」

あれこれと服を手にとっては妙な顔をしている大地の身体にあてがってみる。
これは似合うよ。この色はだめ、大地くんには似合わない。たまにはこういうのに挑戦してみるのもいいんじゃない? やっぱり大地くんはこうだよね。

「おかしくない? こんな服いつ着るんだよ」
「……普段着なよ。学校に着て来なよ」
「学校にこんな気合入れていく必要なくない?」
「気合入ってないの、普段着だからね、これ」
「そうなの?」

これでいいのかな。上手にトモダチになれてるかな。

「俺は買い物に来たつもりじゃなかったんだけど」
「いいのいいの。ねっ、これ、すごく似合うから」

いつもあまり表情が変わらない大地の腕の中に何枚かの服を押し付けて、真琴は「買ってきなさい!」と言って笑った。
服を抱えてレジのほうへ向かって歩いていく大地の後姿を見送る。


わたし、上手く笑えてたかな。

あまり自信はなかった。









あの……、これ、完成するまで書いたられブログでUPする長さじゃないんですが、何かタイトルつけましょうか。

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

一人鍋 ⊂(゚∀゚*)ウマー HOME いただきます!

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア





いろんな意味で引かないでね、な本棚 ↓

プロフィール

HN:
ゆうき
HP:

  Web拍手です。気に入っていただけたらポチっとお願いしますv
性別:
女性

最新コメント

[02/03 ゆうき]
[02/03 つぶ]
[09/13 ゆうき]
[09/12 ミカモ]
[09/10 ゆうき]
[09/09 ミカモ]

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]