忍者ブログ

恋煩い日記

2012年は毎日何かを書こう、という目標のもといろいろな創作をするブログになりました。

[602]  [601]  [600]  [599]  [598]  [597]  [596]  [595]  [594]  [593]  [592

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

思い出し書き

休みで、出掛ける気にもならなかったため(緊縮財政!!)家でゲーム三昧の一日を送りました。

起床、掃除→ド/ラ/ク/エ/9→昼食→ド/ラ/ク/エ/9→ちょっとテキスト書く→PCゲー→夕食の準備→夕食食べながらLucian Bee's→ブログを書きにきた←今ここ。

Lucian Bee'sはすでに発売から1カ月以上たってますがまだ4人目をクリアしたとこです。ひとりに付き3こずつEDがあるのですけど、まだ四人目の1個目しかみてない。
面白いです。改造後どんなイケメンになるのか楽しみでしょうがなくなってくるんだよ、攻略始めると。
あとレミィとジェシーが残ってるんだけど、この二人もどうなるのか楽しみ。

そして改造後ネタばれを見たくないのですべての情報を遮断しているんですが、6人全員クリアするころには話題に乗り遅れてそうな気がするな。


なんたってド/ラ/ク/エ/に時間がかかりすぎてるのが一番の原因だとおもいますけど。
プレイ時間113時間に達しました。すれ違い待機の時間もプレイ時間に含まれてるから多いんだと思います。
まだまだ弱いです。

でも、いろいろゲームはやっているけれどGS2のように「このゲーム以外プレイする気にならん!」っていう病気状態にはなりませんね。
そして赤城に対する萌えは今もすごい勢いで燃え上がっている。
あんなかわいい子をこの世に生み出した573さんは何らかの罪を償うべき! ファンディスク出すとか!


続きは、拍手お礼のところにあげていたSSのお話。
続きの展開考えてます。その考え中にできた小話。

ありがたいことに彼女が「かわいい!」という感想をたくさんいただきましてとてもうれしかったです。
何事にもポジティブで庶民感覚漂う彼女は確かにかわいい。







今日のパーティーもまた盛大に行われたみたい。まったく、お金持ちのやることってよくわからないわ。
何かが起こるたびにパーティー、パーティー。今日だって誰それさんのお母様のおばあさまが何歳になった誕生日のお祝いだ、とか言っていたけれど、わたしはその誰それさんも存じ上げないし、もちろんそのおばあさまだって知らない。
そもそも、そのおばあさまはこの会場にいらしてたのかしら。

(絶対来てないわ。だってこんな肉料理とお菓子ばかりだもの。それに、お帰りの時に少し参加していた方を見かけたけれど、みんな若い方ばかりだったもの)

わたしは華やかな宴というものがどんなふうに行われているのか、おとぎ話の世界でしか知らない。
こんなに近くで暮らしているというのに、この広い会場は私とはまるで違う世界のできごとのよう。

(とりあえず、お掃除のし甲斐があるわね)

広間のあちこちに残る「社交界」の残骸を見てわたしはため息をついた。

わたしたち使用人の一日の食事分くらいの残り物が入った大きなお皿がテーブルの上にはたくさん置かれている。
贅沢が大好きなお嬢様たち。むしろぜいたくな暮らしぶりこそが、そのお家の地位と権力と(もちろん、財力も)を表しているんだってきいた。
それを考えれば、ここはこの国で一番贅沢ができる場所なのだろう。なにしろ、お城なのだから。

でも、あの王子様は一体どんな顔してパーティーに出ていたんだろう。
いつもみたいに面倒だって言って、不機嫌な顔をしていたのかな。

ちょっとだけ仲良くなった気がする顔を思い出す。
このお城の中で一番偉い人の息子だとはとても思えなかった。意地悪で、いたずら好きで、でもやっぱりとってもキラキラと輝いていた人。

会いたい、なんてわたしなんかが思ってはいけないのかもしれないけれど、今頃何をしているのかな、とふとした時に思い出すことがあった。
出会わなければ、あんな風に優しくされたりしなければ、こんな思いをすることもなかったのにな。

(ほんのちょっと前まで、ここにいたはずなのに)

広間につくられた上座。そこに一つだけ椅子が置かれていた。見るだけで分かる、とても立派なもの。それでいて、落ち着いた色合いでなぜか爽やかな、そんな印象がする装飾。
周りには飲み物や食事がたくさん用意されているワゴンがいくつか残されていた。

(どんな顔で、ここにいたのかな。誰と、会っていたのかな)

椅子に座ってみることなんか恐れ多くてできなかったけれど、きっと彼が肘をもたれさせていただろうひじ掛けに少しだけ触れてみた。
叶うならば遠くからでも一目見たい。そんな思い、このお城にくることになった時には思いもよらなかった。

(さて。お掃除しなきゃ!)

それがわたしの仕事だもの。
次にあの人がここに来た時に、また気持ちよく使えるようにね。

……きっとまた、面倒くさい、って言うんだろうけど!







PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

やる気出てきた!! HOME 殿は萌えキャラを狙っているとしか思えない

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア





いろんな意味で引かないでね、な本棚 ↓

プロフィール

HN:
ゆうき
HP:

  Web拍手です。気に入っていただけたらポチっとお願いしますv
性別:
女性

最新コメント

[02/03 ゆうき]
[02/03 つぶ]
[09/13 ゆうき]
[09/12 ミカモ]
[09/10 ゆうき]
[09/09 ミカモ]

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]