忍者ブログ

恋煩い日記

2012年は毎日何かを書こう、という目標のもといろいろな創作をするブログになりました。

[69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

若先生恋愛相談

続いて、下校寄り道喫茶店&追加デート時の恋愛相談台詞~。


先生、化学者で頭がいい、いろんなことをよく知ってるのは分かるけど……。


話がながーい!!!εε=ヽ( `Д´)ノ ウワァァァン


でも、これがまたズキュゥンときます。

こっちも全然回数足りなくて、満足いくところまで聞けてないんだけど……。



* 以下台詞ネタバレと萌え叫び *




下校喫茶店も、友好まで行かないと断られることが多くて、思ったより進まない。


最初に喫茶店行ったのが2年6月。遅い。

やっとここから、先生はテレビを持ってないとか、学生時代はアメリカにいたとか、そんなことを聞いています。

遅いよ、デイジー、行動が遅い!!がんばれ!



(好みのタイプ)
「よく分かりません。」

またか!!!クリスに続いてよく分からない宣言!!

「誰かと比べて誰かのほうが好きという感覚が……僕にはない」

「あ、ひとつあります。 猫が好きな人がいいです。」


「先生が猫ですから」




ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!!   

不意打ちで!!

好きなタイプは猫が好きな人 → 先生が猫
つまり、 猫が好きな人 = 先生が好きな人。
ということは、 先生の好きなタイプ = 先生のことが好きな人

ということか!!

あれ?整理するとあんまり萌えないような気がする。当然のことでは……?
いやちがう、よく分からないといっておきながら、
ココまで計算済みの会話をしてくると
言うのが、侮れないんですよ!



(恋愛について)
「どんな風に考えてますか?」

「簡単に言うと、脳内物質の作用です。」
「身も蓋もないですね」

「そんなことはないです。
 固体が別の個体の生存を優先できるほど情動的になれるなんて、自然界では親子以外にそう見られない現象です」

「たとえば、好意を持った異性を見るとき、人は普段よりも瞳孔が開きます。


 相手がキラキラ輝いて見えるわけです。」


「生物的欲求が高まって、判断力を失い、欠点さえ、いとおしく感じられるようになります。」

「これがロマンチックじゃないなんて、どうしていえますか?」

「だから、恋愛をしよう。

 おたがい、相手が見つかったら



あら(´・∀・`)━━━━?
おかしいなぁ、途中まですごくいい感じのお話だったのに、最後に肩透かしを食らったような感じ。


でも、これは( ・∀・)イイ!! ですね。先生がいうから、難しく聞こえるわけですよ。
分かりにくいんですよ、理屈を言うと。

しかし、これで「なぞが解けた!」という気になった。
先生がちょいちょいタッチ台詞とかで
「恋愛と瞳孔の話、したっけ?」
とか言うんですよ。
なになに?とおもってたんだけど、これだったんだねー。

これからは男子に突っ込みいれるときに使おう、と思ったんだ。

「おいおい、瞳孔開いてるよ!!」

いいな。 (←自己満足)



以下駄文。 妄想的に誰かに言い換えてもらいました。
萌え……るかな?
逆に、若王子先生みたいに理屈で来られるから萌えるのかな?

↓反転 若先生ではない人が上の台詞をしゃべってみる。

「一人の人間が、他の人間のことを、自分の命よりも優先できる、って思えるなんて、動物だったら親子以外ではほとんど見られないよ」
「たとえば。いいな、って思った子を見かけたら、その子がキラキラ輝いて見える。
 今までよりも、何倍も可愛く見えて、ますます好きになる。
 それって、瞳孔がいつもよりも開いて、もっと相手をちゃんと見ようとするからなんだ」
「本能的に相手をもっとよく知りたい、って思うから、冷静な判断力を失って、相手の欠点でさえ、いとおしく感じるようになる。」
「これがロマンチックじゃないなんて、言えるかい?」

↑ここまで

こういう方向の妄想も、自分的にはいけるな……と思ったり。
若先生じゃなくても私は萌えるらしい。節操ねーな。



(告白未遂)

「この間恋愛のこと、君に質問されたでしょ?」
「あのあと、君に言ったことを思い返していて、気づいたことがあります」
「"人間は”なんてえらそうなことを言ったけど、じゃあ、自分は人間なんだろうかって。」

「本当は、僕自身恋をしたことがあるかどうか、自信がない」

「だから、これからはちゃんと恋愛をしようと思う」


「それは……相手が見つかったということですか」

「そうだよ」

「あの、もしかして、それって……」

「どうでしょう。先生の瞳を見れば、分かるかもしれません

「先生、じゃあ、目を開けてください」

「だめです」


(気になるなあ、先生の相手って、もしかして……)


気づいてますね、気づいてますね!!!
デイジー!!そこで強引に目を開かせるんだよ!!


チューでも何でもして、驚かせて

瞳孔を確かめろ!( ;゚皿゚)ノシΣバンバン!!


もしかして、ってもしかしなくても、目を見せない時点で正解。

ココまで来て告白に来ない、とかいったらどうしてくれるんだ。

でもこれ、先生の立場捨てますよー宣言じゃないですか?ヤバイよヤバイヨー、
危険すぎる問題教師がいるよー(つд⊂)エーン



(キスについて)
「キスですか……つまり、先生とキスしたい。 ピンポンですか?」


なんですかこの人!!「教師の立場捨てますよ宣言」ですから、容赦ないです。
デイジーもさすがに突っ込む。

「ブ、ブーです。
 あの、どう考えてるかとか、そういう感じで」
「文化圏によっても違うし、人によって考え方も違うでしょうけど、やっぱり大事なことだと思います。」
「特に、本当に好きになった人と初めてするキスは」

「だって、それを幸せに感じない人って、いないでしょ?」


これは、EDへの布石ですね!!!
「本当に好きになった人と初めてするキス」そのものズバリの台詞が、告白でも出てましたし。

いやー、先生も普通に人らしい感情も持っていたんですね、安心安心。



以上です~。
また集められたら、萌えとツッコミと共にご紹介したいと思います。
PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

「おいおい、瞳孔開いてるよ!!」
このツッコミ最高ですよ!是非使って!出てくるたびに笑ってしまいそうです。

そしてあの反転部分…誰が言っているんですか?
赤城くんかしら…(・∀・)ニヤニヤ
一瞬氷上…と思ったけど、いや、こういう話はそこまで冷静に出来ないタイプだ!
と思ったらもう赤城くんしか考えられなく…違ったらすいません~(;´∀`)

デイジーが途中で相手の気持ちに気付いている感じなのって珍しいですよね。
そうですよ!何故そこでキスしないんだ!都合よく目を閉じてるんだから!ね!
  • このり
  • URL
  • 2008/04/03(Thu)03:48:41
  • 編集

Σ( ゚∀)ゲッ!! バレたか!

そーです自分の中では赤城です。でもあんまり赤城節になってないので、誰でもないことにしておこうかな、という気分ですね。
氷上君も、学があるんでこういうこと言いそうですね。たしかに、もっと照れ気味にいうかも。

「瞳孔開いてる」は、「デレた」「ときめいた」の代わりに使えるすばらしい言葉。ガンガン使用して行きますね!
で。デイジー。そーですよね!!珍しく察してるんだからどんどん行け!見つめろ!って感じです。
そういや、若先生って目を見つめると「あんまり目を見ないでください」とかもいうな。瞳孔、気にしすぎ(´▽`*)アハハ
  • ゆうき
  • URL
  • 2008/04/03(Thu)11:11:09
  • 編集

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

分岐プレイを目指します HOME 若先生大接近

カウンター

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア





いろんな意味で引かないでね、な本棚 ↓

プロフィール

HN:
ゆうき
HP:

  Web拍手です。気に入っていただけたらポチっとお願いしますv
性別:
女性

最新コメント

[02/03 ゆうき]
[02/03 つぶ]
[09/13 ゆうき]
[09/12 ミカモ]
[09/10 ゆうき]
[09/09 ミカモ]

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]