忍者ブログ

恋煩い日記

2012年は毎日何かを書こう、という目標のもといろいろな創作をするブログになりました。

[733]  [732]  [731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [726]  [725]  [724]  [723

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メリーだね

メリークリスマスです!!

すっかり忘れてましたが、週コナで佐伯くんとデートの約束をしていたんでした(ちょっと痛いわこのセリフ)
なんか、萌えた。
週コナはやっぱりこういうメール企画がいちばんいいと思う。


と、いうわけでそれぞれの24日を想像してみまーす。






(赤主 はばたきグランドホテルのとある一室で)


「うわぁん、すっごく素敵だったね!」
「間に合ってよかったよ、というか、間に合ってなかったけど」
「さすが、サービスが行き届いてるよね。今度はちゃんと時間に間に合うように来なきゃね」
「今度って、また来るつもり?」
「うん! 今度はがんばって自分で予約するよ」
「ずいぶんお気に召したようで、僕も嬉しいよ」
「本当に、佐伯くんには感謝しなきゃね」
「まぁ、そういうことになるかな」
「はぁ~、それにしても、ホテルのフランス料理だなんて、びっくりしちゃった」
「うん。しかもクリスマス限定メニューだったんだってさ」
「へぇ~。どうりで、チキンとかがメインだったんだね」
「良く見てるね、さすが女の子だ」
「女の子じゃなくたって、料理くらい見てよね。何も考えないで食べてたの?」
「別に、何も考えてなかったわけじゃないぜ」
「でも、料理の中味も覚えてなかったじゃない」
「だって、料理よりもそれをすっごく嬉しそうに食べている君を見ているほうが僕としては楽しかったし」
「……また、そういうこと言って。面白い顔、とでも思っていたんでしょ」
「そういうわけじゃないよ。もう、君は被害者意識が強すぎるんじゃないか?」
「一雪くんと一緒にいたらそんなふうにもなります」
「それじゃあ、僕が酷い男みたいじゃないか」
「酷くないと思ってたの?」
「あっ。そういうことを言う悪い子はどこのお嬢さんかな?」
「わっ、な、何するの……!」
「ふふ、そんなに僕を悪い男にしたいんだったら、なってみせようか」
「だっ、だめだったら!」

「あっ、見てみて」
「ん~、なに?」
「いいから、早く! こっちに来て!」
「なんだよ……大きな声出すと、迷惑だよ」
「ほら」
「……」
「すごいね」
「うん、キレイだ」
「来れて、よかったね」
「うん。それよりも、君とこれを見られて良かったと僕は思うんだけど?」
「……わ」
「わ?」
「わたしも……」







(佐伯主 はばたきイベントホールで)



「最後にじゃんけん大会だって!」
「はいはい。じゃあ、張り切って行ってきなさい、お父さんここで見守っててあげるから」
「お父さんも行くの! 勝ったら、人魚伝説の秘宝がもらえるんだよ!」
「どうせそんなの子供だましのなんかチャチイおもちゃだろ?」
「ちがうもん! もう、佐伯くん今までの話聞いてた?」
「聞いてたけどさ。信憑性ないじゃん、あんなの」
「もーう。だって、若者とお別れしなきゃいけない人魚が最後に二人の愛のあかしに置いて言ったっていうイヤリングだよ? ちゃんと若者のところに戻してあげなきゃだめでしょ?」
「だからさ。本当にそうだったら、若者は海にもっていっただろ。そんな大事なもの、置いていかないだろ」
「だけどさー、ほんとだったら大変じゃない!」
「あー、もう。わかったわかった。早くしないと締め切られちゃうぞ」
「あーっ、ほんとだ! 早く行かなきゃ!!」


「きゃぁ~~~っ! 佐伯くん、やったぁ!」
「あぁ……、なんで俺、真面目にやっちゃったんだろう」
「すごい、すごい!」
「……はぁ。ほら、これ」
「うわぁ……すごい。キレー」
「満足か?」
「うん。ありがとう佐伯くん」
「……まぁ、なんていうかこんなのがクリスマスプレゼントでよかったのか?」
「いいよ。だって、佐伯くんと一緒だし。人魚のイヤリング貰えたし」
「来年はもっといいもの、やるから。な」
「えへへ。ありがと。佐伯くん大好き!」






(志波主 ??どこだろう)
12/22のしばこはサンタ&トナカイ妄想の続きですよ




「うーん、もうちょっと……!」
「無理だろ、それは」
「でも、ここに手が届かないとプレゼント届けられないよ」
「じゃあ、俺が肩車してやるから。それで手を伸ばせ。な」
「えぇっ!? で、でも」
「待ってる暇はねえ。ほら」
「……っきゃぁあ!!」
「ほら、これで手が届くだろ?」
「た、高いよ志波くん……!」
「ふぁっ! ちょ、こは、小春っ、そこ、そこは」
「……えっ? な、なに?」
「つ、つの、掴まないでくれ……」
「え、ええっ!?」
「よ、弱いんだ……角は……」
「ごっ、ごめんなさいっ!」
「あ……」
「だ、大丈夫? 志波くん、ごめんね。わたし知らなくて」
「い、いや……(けどちょっと気もちy)……問題ない」



「むに……あれ? わたし、寝てた……?」
「あぁ、ぐっすり寝てたな」
「えぇっ!? み、見てたの?」
「ああ。……寝言言ってた」
「ええええええーーーーー!! や、やだぁ……、なんて言ってた?」
「ククッ、秘密だ」
「ええええぇ……。恥ずかしいよぅ」
「大丈夫だ、俺は気にしてない。ところで」
「えっ? なぁに?」
「膝の上は気持ちいいね、って、どういうことだ」
「……へっ? あ、あ……、も、もしかしたら、夢の中で……」
「夢?どんな夢を見てたんだ」
「うーんとね。わたしが森の中の一軒家に住んでるんだけどね、そこにね……」
「ああ」
「……や、やっぱりナイショ! 言えない!」
「俺に言えないような夢、見たのか」
「やぁん、そうじゃないんだけど、やっぱり言えないのー!」
「誰の膝の上に乗ったんだ、小春」
「やぁぁんっ、ダメだったらぁ~!」










時間ギリギリ間に合ったっ!!


皆様良いクリスマスを!!!
ゆうきからのささやかなプレゼントでした。


PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:

葉月さんはやっぱり王子! HOME 24日も25日もブログは書けるわけで

カウンター

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア





いろんな意味で引かないでね、な本棚 ↓

プロフィール

HN:
ゆうき
HP:

  Web拍手です。気に入っていただけたらポチっとお願いしますv
性別:
女性

最新コメント

[02/03 ゆうき]
[02/03 つぶ]
[09/13 ゆうき]
[09/12 ミカモ]
[09/10 ゆうき]
[09/09 ミカモ]

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]